<作品の注意事項>

・この作品は、18禁です。

・この作品は、東方エロスレ8の39と53の名無しさんのネタを拝借して書いたものです。

 以上を了承して読むという人は、もうちょい下に進んで下さい。

       ↓  
       ↓
       ↓
       ↓
       ↓
       ↓















 火車 ~橙の章~


 夜のマヨイガ。その中の一軒。ほの暗い灯りの下で、藍は紙に筆を走らせながら、大きな溜め息をついていた。
「…今月も赤字…」
 それは、八雲家の家計簿だった。見ると、そこかしこに赤い文字が見えている。
「何とか食費だけでも工面しなければ……だが、どうやって……?」
 そう言いながら、藍は開け放たれた襖の奥を見る。そこには、相も変わらず能天気に惰眠を貪る主人の緩みきった寝顔と、その主人の足が腹の上に乗っかって、苦しそうに寝ている自分の式神。
「紫様は働かないし…橙は育ち盛りでいつもお腹を空かしている……自分の式神にひもじい思いをさせるなんて………橙………甲斐性無しの主ですまない………」
 上を向いて、涙を堪える藍。
「妖怪を襲って食料にするにも限度があるし…このままじゃ雨漏りも直せないし、暖炉の修理も出来ない…これ以上私の食事を減らすもの無理……ああ……ひもじい……」
 うわ言の様に呟く藍。その時、ある考えが藍の頭をよぎった。
「紅魔館でバイトでもするか…? でも、あの犬に使われるのも…」
 藍の頭の中で、二つのものがぐるぐると回り始める。
「プライド……ごはん……プライド……ごはん……ごはん……プライド……ごはん……ごはん…………ごはん……ごはん……プライド……ごはん……ごはん…………ごはん……ごはん…………ごはん……ごはん………………………………ごはん………………………………」
 ごはんが、勝利した。虚しい、勝利だった。
「いっそ追い剥ぎでも…だめだ…紅白にぶっとばされる…生きる事は罪なの…?」
 上を向いていても、涙が流れてしょうがなかった。
「いよいよ橙に働いてもらうしか……紅魔館でバイトして貰って……たしか黒いのが魔法薬の実験台ほしがってたから私はそちらへ………ああ…せつない…」

 こうして、赤字解消の為、バイトする事を決意する藍であった。



 そして、二日後。
「……という訳なんだ。だから…橙、紅魔館で働いてくれ…このままだと、遠くない将来、白玉楼の住人になるかもしれん…」
 藍は橙に頭を下げる。
「…うん…分かったよ。『働かざる者食うべからず』…だもんね…」
「…本当に…すまない…話はあちら側にもつけてあるから…今日からでも働けるはずだ…」
「…うん…それじゃあ…行ってきます……藍様も頑張って……」
「………ああ………」
 そう言い残し、橙はゆっくりと紅魔館へ向かって行った………


「来たわね。まあ挨拶は忙しいから抜きよ。早速働いて貰うわ」
 自己紹介もそこそこに、橙は咲夜にメイド服を着せられた。
「何があっても私の指示に従う事。それが出来ない場合は……」
 ちらり、と服の脇からナイフをちらつかせる咲夜。
「……はい」
 大人しく従う橙。
「食べ物が欲しければ、きりきり働くことね」
 そして、橙のバイトが始まった。


「………………」
 だだっ広い紅魔館の廊下を、ひたすら拭く。それが、橙に与えられた仕事であった。言葉少なに、時折空腹を訴えるお腹をさすりながら、ただ黙々と拭き続ける橙。
「はいはい、どいてどいて。ちょっと通るわよ」
 そこに現れたのは、泥だらけの靴で橙が先程掃除した場所を通り過ぎる咲夜。
「あ…あの…」
「ん? 何?」
「その……そんな靴で歩かれては、困りま―――」
 カッ! カッ! カッ!
 橙は、一瞬何が起きたのか理解出来なかった。ただ、いつの間にかナイフが自分の服を壁に縫い付けていた。
「うるさい猫ねぇ。どたまカチわってシャーベットにするわよ」
 本気の目。橙は、それ以上抗議する事は出来なかった。


 その日の夜。橙は、この館の主人の部屋に行くよう命じられた。
「…失礼します…」
「あら、来たわね新入りさん」
 そこに佇むは、紅い悪魔。
「何の、御用でしょうか……?」
「決まってるじゃない。あなたの血を貰おうと思ったのよ」
「ぇ……それは―――」
 嫌だ、と言う前に、咲夜が橙を押さえつけた。
「あっ…! やっ…!」
「―――黙りなさい。死にたいの?」
 目の前に、突きつけられるナイフ。従うしかない。
「そのまま押さえておいてね」
 そう言いながら、レミリアが迫ってくる。
「ぅ……くぅ……」
「…いただきます」
 がぶっ
「…! ひあ、あ、う……!」
「………ん………んく………」
 そのまま血を吸われる橙。しばらくしてから、レミリアが口を離した。
「…如何ですか? お嬢様」
「…うん、結構美味しかったわよ。でも、もうちょっとコクが欲しいかも」
「分かりました。それでは、いつもの様に、ですね?」
「お願いするわ」
 何やら相談している咲夜とレミリア。その会話に良からぬ空気を察し、逃げ出そうとする橙。しかし―――
「はっ!」
「!?」
 逃げ出そうとした次の瞬間、橙の服は咲夜のナイフによって粉々に切り裂かれていた。
「やっ…! 何…!?」
 慌てて大事な部分を隠す橙。しかし、咲夜に後ろから羽交い絞めにされた。
「離、してっ…!」
「―――黙りなさい」
 しかし、またしてもナイフを突きつけられる。そして、
 すっ…
「あっ……!?」
 橙の縦スジに、レミリアの指が這った。そのまま、ゆるゆると指を動かされる。
「や……は……あぅっ……!」
「うふふ……」
 ぴちゃ……
「っ!? ひゃあんっ!!」
 更に、橙の胸に舌を這わせるレミリア。乳首を細かく刺激する。
「はうっ………あっ……くはぁ……」
 その刺激に耐え切れず、橙の体の力が抜ける。しかし、咲夜の羽交い絞めにされているので、倒れる事は無い。
「ふふっ…どう? 気持ちいい?」
 橙の耳に口を近付け、囁く咲夜。
「ふあっ……ああっ……」
「血ってね、快楽を感じると、美味しくなるらしいのよ。だから、さっさと感じた方がいいわよ…?」
 そう説明した咲夜も、橙の首筋にぴちゃりと舌を這わせる。
「ふあぅっ! ひ…ひゃあ、ぁ………」
 言われなくても、橙の体を既に感じ始めていた。乳首は硬く尖り、割れ目からは愛液が滴り落ちる。
「そろそろいいかしら…?」
 レミリアはそう言うと、橙の割れ目を弄りながら、再び牙を突き立てた。
「あぐぁっ…! あ、ひゃ、うふぅぅんっっ……!」
「…じゅる……じゅるる………」
「ん……ぺろ…ぴちゃ……」
 血を吸われながら、秘所を弄られ、背中に舌を這わされながら胸を揉みしだかれる。それが未知の快感となり、橙の理性を削ぎ取ってゆく。
「にゃぁうんっ……! は、はひいいぃぃん! らめぇぇっ……!! きもち、いぃ……おかしくなっちゃ、うぅうんっっ……!」
「―――フィニッシュ、よ」
 呼吸を合わせたかの様に。レミリアの指が橙の雌蕊を摘み上げ、咲夜の指が蜜壺に突き入れられる。

「はっ………ああああぁぁあぁぁぁあぁああああっっっっっ―――――――――!!!」

 ぷ、しゃああああああ………………
「あ、ああ、ああああぁぁぁ………………」
 がくがくと震える橙の体。程なくして、割れ目から噴き出す黄金水………

「……あら、汚いわねぇ……」
「申し訳ありません。後で掃除させますので…」
「分かったわ」
「それでお嬢様、お味の方は如何でしたか?」
「とっても、美味しかったわ」
「それは良かったですね」
「褒美に、多めに食料をあげておやりなさい」
「分かりました」

 朦朧とする意識の中、橙はそのようなやり取りを聞いた。


 その後。『いつまでもぼーっとしてるんじゃないわよ』と叩き起こされた橙は、自分の粗相の後始末をさせられ、多めの食料を貰い、帰路についた。

「…良かった…これで、一週間はもつよね…」
 首には噛まれた傷跡を隠す為の包帯。そして、まだ少しふらつく足を引きずりながらマヨイガに帰ると、橙を迎えたのは、
「橙、おそ~い。ごはん、まだ~?」
 チンチンと箸で茶碗を叩きつつ、むくれている紫の姿。
(―――――――――!!)
 その時橙が感じたものは、恐らくは殺意だったのかもしれない。しかし、流石に今の体の状態では何も出来ないので、大人しく食事の用意をする。

 ややあって、再び玄関が開く音。
「………ただいま………」
「あ…藍様!」
 橙は急いで藍を出迎える。そして、藍の姿を見て驚愕した。
「ら、藍様…その、尻尾…」
 藍の見事な黄金色の尻尾が、極彩色の虹色に変わっていた。
「…ああ、ちょっと、な……」
 それきり黙って橙の横を通り過ぎる藍。顔色に至っては、土気色を通り越して真っ白だった。

 それから、三人して食事をとった。
 紫は、『美味しい美味しい』と言いながら、かなりの量を平らげた。お陰で、食料は一週間も持ちそうに無かった。




『橙のにっき

 「今日から紅魔館でアルバイトすることになりました。藍さまがいうには、
 『このままだと、遠くない将来、白玉楼の住人になるかもしれん』のだそうです。
 紅魔館では、あのナイフ人間がメイド隊で一番えらくて、私は一番下っ端。
 メイド服を着せられて、『食べ物が欲しければきりきり働くことね』って、
 廊下の掃除をさせられました。もうちょっとで終わるというときに、
 あのナイフ人間が泥だらけの靴で通りやがりました。
 こうぎしたら、いつの間にかナイフで壁に服が縫いつけられていました。
 『うるさい猫ねぇ。どたまカチわってシャーベットにするわよ』って、本気の目で
 睨まれました。紅魔館の住人はみんな悪魔です。でも、藍さまはあの黒い魔法使いに
 体を売るって言ってました。私はまだましなのかもしれません。
 夜になって、館の主の吸血鬼さんに呼ばれました。いやな予感がして、やっぱり
 血をよこせと言われました。イヤだと言うまもなく、あのナイフ人間に押さえつけられて、
 吸血鬼さんにがぶっと噛みつかれました。まだちょっとくらくらします。
 私の血はすごくおいしかったみたいで、約束より多めに食料をくれました。
 家に帰ると、紫さまに平和そうな顔でご飯まだ~って言われました。きっとあのときの感情
 が「さつい」というものだと思います。ご主人さまのご主人さまにさついを持つなんて、
 悪い式神です。藍さまごめんなさい。そして、帰ってきた藍さまは、尻尾が全部別の色に
 なっていました。虹みたいでちょっときれいでしたが、藍さまの顔色は、以前みた死体の
 ほうがきれいでした。明日も私は紅魔館へ、藍さまは実験台だそうです。
 紫さまは寝るそうです。藍さま、もし私が紫さまを襲おうとしたら止めてください。』










 ~続く~











<後書き日記>

 元ネタがしっかりしてると、書きやすくて助かります。それにしても不憫や………

 元ネタは、ここから↓



「今月も赤字・・・紫様は働かないし橙は育ち盛りでいつもおなか空かしてる・・・
自分の式神にひもじい思いさせて・・・橙・・・甲斐性なしの主ですまない・・・
妖怪を襲って食料にするにも限度があるし・・・
このままじゃ雨漏りも直せないし暖炉の修理もできない・・・
これ以上私の食事減らすのも無理・・・ああ・・・ひもじい・・・
紅魔館でバイトでもするか・・・でもあの犬に使われるのも・・・
プライド・・・ごはん・・・プライド・・・ごはん・・・ごはん・・・
いっそ追い剥ぎでも・・・だめだ、紅白にぶっ飛ばされる・・・生きるのは罪なの・・・
いよいよ橙にも働いてもらうしか・・・紅魔館でバイトして貰って・・・
たしか黒いのが魔法薬の実験台ほしがってたから私はそちらへ・・・
ああ・・・せつない・・・


橙のにっき

「今日から紅魔館でアルバイトすることになりました。藍さまがいうには、
『このままだと、遠くない将来、白玉楼の住人になるかもしれん』のだそうです。
紅魔館では、あのナイフ人間がメイド隊で一番えらくて、私は一番下っ端。
メイド服を着せられて、『食べ物が欲しければきりきり働くことね』って、
廊下の掃除をさせられました。もうちょっとで終わるというときに、
あのナイフ人間が泥だらけの靴で通りやがりました。
こうぎしたら、いつの間にかナイフで壁に服が縫いつけられていました。
『うるさい猫ねぇ。どたまカチわってシャーベットにするわよ』って、本気の目で
睨まれました。紅魔館の住人はみんな悪魔です。でも、藍さまはあの黒い魔法使いに
体を売るって言ってました。私はまだましなのかもしれません。
夜になって、館の主の吸血鬼さんに呼ばれました。いやな予感がして、やっぱり
血をよこせと言われました。イヤだと言うまもなく、あのナイフ人間に押さえつけられて、
吸血鬼さんにがぶっと噛みつかれました。まだちょっとくらくらします。
私の血はすごくおいしかったみたいで、約束より多めに食料をくれました。
家に帰ると、紫さまに平和そうな顔でご飯まだ~って言われました。きっとあのときの感情
が「さつい」というものだと思います。ご主人さまのご主人さまにさついを持つなんて、
悪い式神です。藍さまごめんなさい。そして、帰ってきた藍さまは、尻尾が全部別の色に
なっていました。虹みたいでちょっときれいでしたが、藍さまの顔色は、以前みた死体の
ほうがきれいでした。明日も私は紅魔館へ、藍さまは実験台だそうです。
紫さまは寝るそうです。藍さま、もし私が紫さまを襲おうとしたら止めてください。



 『橙のにっき』の部分は、元ネタから抜粋させていただきました。

 次回は、『火車 ~藍の章~』です。


 書いた貧乏:謎のザコ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-07 (日) 04:56:13 (2330d)