今日も幻想郷は概ね平和だった。ここ博麗神社もそれに倣って平和である。そもそもここに住む巫女が平和だと思えば、大抵の事は平和になってしまうのだが。

「それで、泊めてくれって? 魔理沙」
「ああ、まあな。いいだろ? 別に」
「いいわよ、別に」

 縁側で沈む夕日を見ながら、魔理沙は霊夢に言った。霊夢はそれを二つ返事で了承すると、夕食を作る為に台所へと向かった。


  *  *  *


「ああ、美味い。畜生…どうして私の作る飯より美味いんだよっ」
「そんな事言われても、困るわよ」
「不公平だぜ…」
 出来上がった料理を、悪態を吐きながら残さず口に運んでいく魔理沙を見ながら、霊夢も食べる。魔理沙は終始、畜生、畜生、と言いながら、夕飯を全て平らげた。


  *  *  *


「お風呂、先に入っていい?」
 夕飯の後片付けをしながら、霊夢は居間で寝ながら本を読んでくつろいでいる魔理沙に言った。
「あー、いいぜ」
 魔理沙は生返事で返すと、寝返りをうつ。恐らく半分程頭に入っていないだろう。

 その証拠に、先に寝間着姿で風呂から出て来た霊夢の姿を見て、魔理沙は『いつの間に入ったんだ?』と間抜けな返事をしていた。


  *  *  *


「いーい湯だなっ……と…」
 体から湯気を立ち上らせて、魔理沙が風呂から上がる。霊夢に借りた寝間着を着て、寝室へと向かった。
「もう出たの? 早いのね」
 そこに居たのは、鏡に向かって長い髪を丁寧に梳いている霊夢の姿。部屋に差し込む月明かりの所為か、何だか幻想的に見える。
「…霊夢」
 魔理沙は霊夢に近付き、おぶさる様に背中に寄りかかる。
「…ん? なあに?」
「…いや。霊夢って、やっぱり綺麗だよな…」
 そのまま魔理沙は霊夢の髪を撫でる。手にして鼻を近付ければ、微かに香る石鹸の香り。
「ほら、私って癖毛だから…霊夢みたいにサラサラした髪って、憧れるよ」
「ん…そう? ありがと」
 霊夢は一旦櫛を鏡台に置くと、顎を肩に乗せて寄りかかったままの魔理沙の頭を優しく撫でた。
「……ん……」
 魔理沙はそれをくすぐったそうに受けると、霊夢に頬ずりする。
「なあ、霊夢…」
「ん?」
「キスして、いい?」
「ん、いいわよ」
 霊夢は魔理沙の言葉に頷くと、魔理沙の方に顔を向けた。そこに魔理沙の唇が近付き、触れる。
「ありがとな」
「どういたしまして」
 閉じた目を開けると、その前に魔理沙が座っている。今度は霊夢から近付き、魔理沙の唇に触れる。
「ん…」
「んっ…」
 更に霊夢の方から魔理沙に寄りかかり、その手を魔理沙の背中に回す。ややあって、魔理沙の方からも手が回された。
「ねえ、魔理沙…」
「何だ? 霊夢…」
「魔理沙って、温かいね…」
「おいおい、そりゃ当然だろ」
「…うん……温かいな……」
 そのまま、ゆっくりと霊夢は魔理沙に覆い被さっていく。魔理沙はそれを受け入れる。
「なあ、霊夢…」
「ん? なあに?」
「…しても、いいか?」
「………ん、いいよ………」
 そう言うと、霊夢は再び魔理沙に口付けた。


  *  *  *


「霊夢…」
「あっ…」
 魔理沙が寝返り、霊夢との位置を逆転させる。今度は魔理沙が霊夢に覆い被さる形となり、霊夢の長い髪が畳みに広がる。魔理沙はそれを手でかき上げながら霊夢に口付ける。
「んう……」
「んふ………」
 目を閉じて、互いの唇の感触をじっくりと味わう。その内に魔理沙が舌を差し出し、霊夢の唇を舐める。それに応える様に、霊夢も舌を差し出すと、魔理沙の舌に触れる。
「ちゅっ……ぅん…」
「はぁっ…ん……」
 つんつんと軽く刺激する様な舌同士の触れ合いは、やがて熱を帯びた絡みとなり、くちゅくちゅという水音を立てる。
「はむっ……んあ、んっ…」
「あ、んんぅ……ふぅ…」
 絡んだ舌はそのまま互いの口内で深く交じり合い、二人の唾液を交換させる。口が塞がれる為、荒い鼻息が静かな室内に漏れる。
「ああっ…はあ……はあ……」
「んはぁ……あぁあ……」
 どちらとも無く口を離す。銀の糸が互いの唇を一瞬繋ぎ、すぐに切れる。後に残ったのは、紅潮した頬と、潤んだ瞳。切なげに震える吐息が二人の鼓動を速め、再び深い口付けへと誘う。
「んぐっ…くちゅっ……ぷあ…」
「ちゅううっ…はぐっ……あんっ…」
 どのくらいそうしていただろうか、二人の唇は、すっかり唾液で濡れていた。
「魔理沙…そんな、口ばっかり舐めないでよ…」
「ん…? 他にも、舐めて欲しい所でもあるのか…?」
「馬鹿……さっきからずっと、寝間着の上からさすってたじゃない………もう…すっかり硬くなっちゃったよ……?」
「あ……」
 魔理沙が自分の手を見る。その手は、ずっと霊夢の胸の位置に置かれていた。寝間着のその部分だけ皺になっている…どうやら、無意識の内に撫で続けていたらしい。
「…霊夢、どうして欲しい…?」
「んっ」
 魔理沙は微笑むと、胸に置かれた手をぐっ、と動かす。それに反応して、霊夢の体が僅かに震える。
「はあっ……魔理沙ぁ………好きに…して、いいよ…?」
 その魔理沙の腕を、霊夢の手が優しく撫でた。
「……ああ、分かった…」
 魔理沙は頷き、手に力を込める。
「あっ…」
 霊夢の眉が僅かに歪む。しかし、それは決して拒絶している訳ではない事を、魔理沙は知っている。魔理沙は霊夢の寝間着をはだけさせると、二つの膨らみを外気に晒した。
「綺麗だな、霊夢は」
「そ…う……?」
「うん、特にこのさくらんぼが…」
 ちゅっ
「んあっ」
 魔理沙がその硬い果実を口に含む。しょっぱいような、甘いような味がした。
「ん、ちゅぱ……霊夢…美味しい…」
「はっ……ああぁあっ……」
「んは…もっと…食べてやる、よ…?」
 魔理沙は嬉しそうに、乳首を口の中で転がすようにしゃぶる。ちゅっちゅっと音を立てて啄ばみ、唇で挟み、舌で何度もつつき、くにくにと歯で扱く。
「あはっ、やっ…! ま、魔理、沙っ……! ああんっ!」
「はぁむっ……んふ………くちゅ…」
 途端に反応が激しくなり、ぴくん、ぴくん、と震える霊夢の体を、胸を愛撫しながら撫でていく魔理沙。腕をさすり、脇腹を撫で、太腿、臀部をなぞる。
「はあああっ……んやぁ………あふんっ…!」
 そのまま霊夢の寝間着を完全に剥ぎ取れば、そこにあったのは生まれたばかりの清らかな巫女の姿。


(…いや、違う。もう、私達何度も抱き合ったよな?)
 魔理沙は物思いに耽りながらも、霊夢の秘部へと指を伸ばした。
「あっ、くああっ!」
 霊夢の体中に、電気が走る。この感覚は、何度味わっても耐える事など出来ないだろう。その体に染み付いた快楽が、そう告げていた。
(清らかだなんて、自分でももう思わないけど………でも、魔理沙…あなたは私の事を綺麗だって、言ってくれるよね?)
 そんな想いを抱きつつ、霊夢は魔理沙の瞳を見つめる。
 綺麗な、瞳だった。


「霊夢…こんなに濡らして……」
 魔理沙が指を離すと、粘つく液体が指に絡む。
「そんなに、よかったのか?」
「…だって……魔理沙だもの。魔理沙だから、私、もうこんなにトロトロになってるんだよ?」
「そうか…」
 頷いた魔理沙は、その指をおもむろに霊夢に差し出す。霊夢はそれを半ば呆けた表情で、その指を舐めた。
「ん、ちゅる……」
「どう? 美味しい?」
「うん…変な味……」
「…はは、そうか」
 魔理沙は笑うと立ち上がり、自分も寝間着をスルリと脱いだ。月光に照らされて、白い裸身が暗闇に浮かび上がる。
「魔理沙…」
「…霊夢。舐め合いっこ……しようぜ」
 そう言って、魔理沙は自分の股間が霊夢の顔の上にくる様に座り込む。そして、自分の顔の目の前には霊夢の秘部がくる様に。
「あ…魔理沙だって、こんなに濡れてるじゃない…」
「……まあ。霊夢の可愛い声を聞いてたら、な…」
 魔理沙の秘部もまた、キラリとした雫が滴っていた。
「んふ……」
「ひあっ! 霊夢っ…!」
 霊夢が魔理沙の秘部に顔を埋める。途端、魔理沙の体がびくりと震え、愛液が溢れ出した。
「んー…魔理沙ぁ……いっぱい出てる…」
「ん、やっ…! いきなり、はげしっ……!」
 秘部に押し付けられた霊夢の顔。鼻は魔理沙の匂いを感じ、舌は魔理沙を味わう。愛液で顔が濡れるのも構わずに、霊夢はただ魔理沙を貪った。
「霊夢っ……! 私、だってっ…!」
 霊夢の責めに負けじと、魔理沙も霊夢の秘部に顔を埋める。ぐちゅ、という音がして、赤い果肉は素直に割れた。
「きゃふぅっ……! んあ、魔理っ……!!」
 喉が引きつり、最後まで呼ぶ事が出来ない。それは魔理沙も同じ事なのか、もう湧き出る嬌声を抑える様に呻きながら、一心不乱に霊夢の秘部を刺激し続けた。
 ぴちゃ、くちゅ、ちゅっ、くちゅ……
「んっ……ふっ……」
「うっ……くっ……」
 部屋に充満する、淫らな水音と、僅かにくぐもった声。それは、魔理沙が霊夢から口を離すまで続けられた。
「はっ………はあっ……霊夢……そろそろ……」
 腰を上げ、霊夢の口淫で熟れきった自らの柔肉を霊夢から引き離す。一瞬、『あ…』という残念そうな声が聞こえてきたが、この際仕方ない。
「一緒に………な?」
 体を一回転させ、霊夢と向き合う。その顔は自分の愛液で濡れていたが、自分の顔も同じ様なものだったので、何も言わない事にする。
「霊夢の顔…見ていたいからさ」
「……うん……」
 その言葉で、ようやく我に返ったらしい霊夢が、微笑む。魔理沙はそんな霊夢に口付けすると、体を重ねる様に、抱きしめた。


  *  *  *


「んあっ、あっ、ああぁっ! やっ、はあぁああ!!」
「あくっ…! んうぅ…! ひ、ああぁあ!!」

 これは、儀式。互いを深く知る為の。
 これは、行為。互いを深く感じる為の。

 これは―――二人の、想い。互いを、深く―――

「魔理っ…沙ぁっ……! 魔理沙っっ……!!」
「ああっ…霊夢っ…! 霊……夢っ!!」

 二人の少女が、あられもない姿で激しく交わっている。その手にはもう一人の手を重ね、その唇にはもう一人の唇を重ね、乳房を重ね、秘唇を重ね、秘芯を重ね、想いを重ね。

「あふうっ……! ひゃ、あ! も、もうっっ……!!」
「霊夢っ……一緒に、なっ…? っああぁあぁああ!!」

 だから、汗も、涙も、唾液も、愛液も、肉体も、心も、皆、一緒に―――

「あああっ………!!」
「うあぁぁあ……!!」
「「んぁああぁあぁぁぁあぁぁぁああぁぁああーーーーーー………………!!!!!!」」

 びくっ……びく、びくんっ……!

 二人の体が、跳ねた。絶頂を迎え、呼吸も荒い二人は、それでも最後に深く長いキスをかわした…


  *  *  *


「…霊夢」
「何? 魔理沙」
 体の火照りも充分に冷め、二人は同じ布団で裸のまま並んで横になっている。そして、魔理沙が天井を見つめたまま霊夢に話しかけていた。
「私達って……何なんだろうな」
「………」
 以前からも、こうして二人は何度か肌を重ねている。それが愛情なのか何なのかは、本人達も判断し難い事だったのだが。
「…いや、もう分かっているのかも知れないけどさ。私は、霊夢の事が」
 その先を言おうとした魔理沙の唇に、霊夢の人差し指が添えられる。
「言わないで、魔理沙」
「……霊夢。でも」
「ううん、いいの。魔理沙の気持ちは、充分に伝わってるから…」
「じゃあ、何で」
 抗議するような魔理沙の言葉に、霊夢はゆっくりと答える。

「言ったら………もう、魔理沙しか、見えなくなっちゃう」

「………」
 その返事に、魔理沙は無言。だが、そのまま体を動かし、霊夢を抱きしめた。
「―――魔理沙」
「…分かった。でも今は…こうさせてくれ」
「……うん」
 霊夢が魔理沙の胸に顔を埋めると、魔理沙は目を閉じて『ありがとう』と言った。

 霊夢もまた頷き、魔理沙の温かさに包まれて目を閉じた。









  了












<つい後書き>

 ついカッとなってやった。
 霊夢と魔理沙だったら何でもよかった。
 今は反省している。

 そんな訳で適当に書き散らしてみました。何となく読んで下さい。


 つい書いた人:謎のザコ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-07 (日) 04:56:13 (2330d)