《これまでのあらすじ》
(レミリアお嬢のたっての頼みで、妹様に読み書き算盤を教えることに
 なったパチュリー。臨戦態勢で地下室に赴くが、意外や素直に教えを受ける
 フランドール。しかしパチュリーは緊張を絶やさない。
 『こちらを油断させる腹?』
 ともかくも個人授業を続ける彼女だったが……)

「――今日はここまで」
教師はパタン、とテキストを閉じた。
「もう終わり?」
すこし口をとがらせる教え子。
「ものを教えるのは、体力が要るのよ」
「ふぅん」
「じゃあね」
「今度は、何時来てくれるの?」
「さぁ?」
「明日が良いわ」
「それは無理」
「と、いうと?」
「ものを教えるのは、体力が要るのよ」
「ふぅん」
「じゃあね」
「今度は、何時来てくれるの?」
「…………」
ジト目。
「なぁに?」
「そんなに、文字を憶えたいの」
「そう。書けなくてもいいから、読めるようになりたい」
「何故?」
「ご本をね。読みたいの」
「本」
「黒い人が、貸してくれたんだけど」
「ああ」
自分の書斎に入り浸っている、普通の魔法使いの面影がうかぶ。
「字ばっかりで、読めない」
「どんな本?」
「これ」
と手渡されたのは、黒表紙の古びた本。
だがどこか――
(見覚えがあるような?)
「……? …………っ!」
パラパラと中身を確かめ、絶句するパチュリー。
「どうかした?」
「いや、……なんでも」
「そうだ。パチェ――先生は読めるんでしょう」
「それは」
「だったら、読んで聞かせてくれない?」
「――っ」
「厭なの……?」
「…………」
妹君の瞳に危険な色を察し、やむなく魔女は朗読をはじめた。……


 某月某日 晴れ

 最近、手癖が悪い。
 気がつくと、何故か手が伸びている――あの箇所に。
 下着を汚してしまうと、メイド長にすれ違いざまに
 『お盛んですこと』などとニヤニヤされて腹立たしいので
 なるべく控えたいのだけれど、どうしようもない。
 そこで考えた。
 手をつねに使っていれば、あのようなことはしないだろうと。
 さっそく毛糸を用意して、手でぐるぐると巻いてはほどき、
 ほどいては巻いて、を繰り返す。
 通りすがった部下が妙な顔で頭の羽をかしげたが、気にしない。
 こうして両手がふさがっていれば、さすがに、あの場所を
 触ることはできない。我ながら良いアイデアだ。
 ……だが。
 私は思った以上に、お盛んであるらしい。
 気がつくと、机の角に、あの部分をこすりつけていた。
 とても、気持ちが良かった。
 硬い角がその部分に触れると、身体じゅうに痺れるような心地よさが走る。
 漏れる声を抑えようとするが、ままならない。
 下着がじっとりと湿ってくるのがわかる。
 ああ。またあのメイドに。ニヤニヤと。
 でもそんなことより何より、私はひたすら、机にあの箇所をなすりつけた。
 私は、泣いていたかもしれない。むせび泣き。
 ひときわ鋭い快感に貫かれて、私はぐったりと机に倒れ伏していた。
 ……気がつくと、肩に上っ張りが掛けられていた。
 しばらく失神していたらしい。
 すっかり乾いた下着が、股に張り付いている。
 上っ張りはきっと部下の気遣いだろう。
 彼女はどんな気持ちで私を見たのか。
 私はやりきれない気分で、下着の替えを取りにむかった。……


「……今日はここまでっ」
教師はバタン!と書物を閉じた。
「…………」
うつむいて、無言の教え子。
「ふぅ、ふぅぅ……っ」
背中に気まずい汗がうかんでいた。
(あの、黒いの――)
今度顔を出したら唯じゃおかない、と決意する。
「ね、……パチェ、先生?」
「?」
「あの箇所、とか、あの部分――って、何処?」
「それは」
「ひょっとして、……此処?」
「……っ」
目に飛び込んできたのは、白い布地。
捲り上げられたスカートから覗く、少女の下着。
「此処を……こすりつけると、気持ちが良いの?」
「そ……ぅ、そう……らしいわね」
「…………」
裾を手にしたまま立ち上がると、悪魔の妹は机の角へ、
かの箇所を押しつけた。
「! っ……ぅ……」
ガタガタと揺れる机。
「んっ……う、つっ……ぅ」
力の加減がわからぬらしく、顔をしかめつつ、
むやみやたらとこすりつけている。
「……そんなに、強くしても、駄目よ」
「そう……なの?」
魔女は妹君の向かいへ立つと、みずからも机の角へと、
おのれのその部分を――押しつけた。
「……ぅ……っ」
ここしばらく、控えていたせいで、思いのほか堪える。
少しずつ、うごめかせていく。腰。
「……ほら、これくらい、で……」
両手を突っ張り、押しつけた箇所を上下にこするようにする。
「ん……っ、こう……っ?」
彼女を真似て、フランドールも動き出す。
「そ……う、そう……よ、ゆっく、り……っ」
「んんっ! あ、い、いい……っ、きもち、いい……よ、これ……」
頬を紅潮させ、かすれた吐息を漏らす少女を見ながら、
パチュリーもまた、ここしばらく冷めていた肉情のうねりを感じていた。
「あっ! パチェ……、パチェ……っ」
「ん……うっ、ふ……ぅ……」
地下室にこだまする机の軋み、そして濡れた喘ぎ。
「ちゅ……」
いつしか、魔女は妹君の唇を吸っていた。
「んじゅっ、じゅ、じゅう……んむぅっ」
絡め合う。火照り猛った舌同士。
「あ、あっ、あっ……ああ、んーー……っ」
快楽の炎に焼かれつつ、パチュリーの口唇愛撫をひたすら
受け容れるフランドール。
「んちゅっ、ちゅ、じゅっ、んぐ……っ」
「んっ、んーっ、んむぅ……ああ……んっ」
次第に振動が重なり、リズムが整っていく。
共に頂きへと――悦楽の極地へと――
「あふっ! う、うっ、う、う……」
「んんんんっ! あ、パチェ……パチェ……ッ!!」
――達した。
「……んむっ! ふぅぅぅぅ…………っ!!」
「あああああっ! せん……せ……ぇ……っ!!」
口内に満ちる少女の口液を啜りながら――パチュリーは、
かつて味わったことの無い、愉悦に溺れていた。……

「ご苦労様でした」
書斎に戻ると、部下の小悪魔が出迎えに来た。
「――ええ」
「如何でしたか? 家庭教師は」
「そうね――たまには、いいかもしれないわ」
「なるほど……どちらへ?」
「ちょっとね」
やや乾いてきたとはいえ……濡れた下着はたいそう気持ちが悪かった。
(暫くぶりに、メイド長にニヤニヤされる羽目になりそうだわ)
しかし何故か……
さほど、厭ではなかった。


――こののち、パチュリーはしばしばフランドールの家庭教師を
買って出るようになった。
そのつどニヤニヤしていたメイド長も、そのうちニヤニヤしなくなったという。
ニヤニヤするのに疲れたのだろう、とは門番妖怪の証言であるが、
これはあまり信頼するに足りない。


―――――――――――――――――――――――――――――――
*備考
―――――――――――――――――――――――――――――――

*パチュリー・ノーレッジ(東方紅魔郷4面ボス)×
 フランドール・スカーレット(東方紅魔郷エキストラボス)のネタ。

*べつだんパチュリー支援とは関係ありませんって関係ないわな。

書き手:STR


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-07 (日) 04:56:13 (2331d)