注意 このお話は『ルナサ・イン・ダークネス』の続きです。
   人によっては不快な表現が多々あるかも知れません。
   特にスカトロとか駄目な人は見ないほうがいいかも。
   スカトロが大丈夫でも子供は見ちゃ駄目。
   って、そんな子供嫌だなぁ。
   でも、考えてみれば子供って下ネタ好きですね。お○っちゃ○くんとか。














「さーて…何をしてもらおうかな~?」
「う…ふぁ…」
 ルナサの身体を撫で回しながら、次の行動を考える霊夢。
 一方のルナサは、早くも霊夢の指に翻弄され始めていた。
「でも、まずはお腹の中をきちんと掃除しないとね」
「ふぇ…?」
 霊夢は背後からルナサを抱いたまま浴槽から下のすのこへ降り、覆い被さるように押し倒す。
 ルナサは四つん這いから肩まですのこに押し付けられ、先ほど自分が出した物がべちゃりと顔につく。
 お湯で練った小麦粉だとは言え、気分の良いものではない。
 顔をずらそうとするが、霊夢に頭を押さえられる。
 霊夢はそれを人差し指で少し掬い、ぺろりと舐めると、
 今度は中指を添えてごそっと指に乗せ、ルナサの顔に塗りつける。
「ん~!」
 なすすべなく、顔面への凌辱を受け止めるルナサ。
 ひとしきり顔を蹂躙すると、今度はその指を、高く突き出された尻へと持っていく。
 散々異物を押し込まれたルナサの後ろのすぼまりは、すんなりと霊夢の指を飲み込んだ。
「ひうっ!」
 指で腸壁をこねるように動かす。
「うぅ…」
「凄いわね~。お尻の穴に、指が二本も入っちゃってるわよ」
 わざとらしく霊夢が言う。羞恥心を煽るためだ。
 案の定、ルナサの顔に火が付いた。

 霊夢は指を抜くと、小便と思わせてお湯を流し込むのに使った、注射器を手に取る。
 手桶にお湯を汲むと、水を入れてぬるめ、注射器に吸い込む。
「さあ、お腹の中を綺麗にしましょうね~」
 ピストンが押され、生温かいお湯がルナサの腹を満たしていく。
「はうぅ…」
 お湯の温かさが心地良い。
 霊夢はもう一回、二回、三回と、お湯を注入していく。

「お腹…たぷたぷで、苦しい…」
 ルナサが苦痛を訴えたので、霊夢は注入をやめ、代わりにその尻に栓をする。
「お尻振って、お腹ゆすいで」
 霊夢は尻が動き出したのを確認すると、一旦風呂場から出て行った。

(何やってるんだろう…私)
 這いつくばって腰だけを高く上げ、尻を振り回す姿は、想像するだけでも滑稽極まりない。
 ルナサが一人赤面していると、霊夢が戻って来た。
「お待たせ」
 栓を引き抜くと、ルナサのお尻からお湯がびゅっびゅっと噴き出した。
「あっ! み、見ないで…」
 ルナサの抗議は当然受け入れられるはずも無く、霊夢は思う存分ルナサの肛門を視姦する。
 ひとしきり放水が終わると、再びルナサの尻に注射器があてがわれる。

 にゅるにゅるにゅるにゅる…
「ひっ!? つ、冷た…」
 今度は台所から持ってきた、練った小麦粉の残りを詰め込んでいく。
 軟便にそっくりな触感の物体が、ルナサのお腹を逆流する。
 ボウルに残っていたそれは、全部お腹の中に収まってしまった。
「それじゃあ、出して…」
「…」
 命令に反して、ルナサは尻穴をきゅっと締めてしまう。
「ウンチする時と同じでいいのよ」
「…!」
 そんな言い方をされると、余計に恥ずかしい。
 ルナサはますます括約筋に力を込める。

 霊夢は、ルナサが力を入れている穴を人差し指でなぞりながら、耳元で囁いた。
「あ~ら、そんなにお外がいいのかな~?」
「!」
 ルナサの顔に一瞬恐怖が浮かび、それが羞恥の色と涙に変化すると、
 尻穴がヒクヒクしながら開き、練られた小麦粉が溢れ出した。
 霊夢はむりゅむりゅと出てくる軟体を両手で受け止めながら、その様子を逐一ルナサに告げる。
 ルナサは耳を塞ぐ事も許されず、自分の痴態を聞かされ、羞恥に悶える。

 両手にいっぱいになった所で、霊夢は一旦放出を止めさせる。
 ルナサの背中に全部移すと、両手で背中から肩、わき腹、胸、腹へと延ばしていく。
 元々ルナサのお腹は空っぽだったので、全く汚い事は無いとはいえ、ルナサは嫌悪感に身をよじる。
 霊夢はそれを軽く押さえつけ、肩から腕へ、そして顔にも再び塗りたくる。

(汚されてる…!)

 その事をはっきりと認識したルナサが、再び少し抵抗するが、
 霊夢は体全体でのしかかるようにそれを押さえ、ぬるぬるの手でルナサを愛撫する。
 胸を、腹を、股間を。
「んんっ、あっ、ああっ!」
 片手の指を、ルナサの口に突っ込む。
「うぷっ? んー!」
「舐めて」
「んぅっ… んっ、ちゅぷ、にゅる、ちゅる…」
 くにゅん、にゅり、こりゅ、くちゅ…
 霊夢の的確な愛撫に、ルナサはぐんぐんと押し上げられていく。
「んーーー!! んぷっ、むふーー!!」
「いいの? イきそうなのね?」
 こくこく。ルナサが頷く。
「イくのと同時に、お腹の中の物、全部出すのよ、いい?」
 こくん。
「よーし、イっちゃいなさい!」
 ぐりゅん、ちゅぽっ!
「あっ、あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!」

 びくっ、びくっ、むにゅりゅりゅ、ぶばっ、ぶっ、べちゃ、べちゃ…

「あ…う…くぅ…」
 脱力感、開放感、屈辱がごっちゃになって、ルナサの中を駆け巡る。
 霊夢はルナサから放出された物体を、ルナサの尻から足に塗りつけ、汚していった。



「いくわよー」
 ちゅうぅぅぅぅぅぅぅ……
 また、ルナサの中にお湯が注ぎこまれる。
 ルナサは花瓶と同じ格好をさせられているため、真上からの注入だ。
 お腹いっぱいになるまで流し込んだ後、開放する。
「い…嫌…こんな…姿勢…でっ!!」
 ぶびゅ、ごぽっ、ばしゃっ、だばばっ…
 身体の要求には逆らえず、ルナサは天に向かって温水を噴き上げる。
 そしてお湯は重力に従い、お尻を、背中を、顔を、洗い流していく。

「お尻噴水ね。面白いわ」
「いやぁ…」
「面白いから、もう一回」
「やぁ…もう…しないでぇ……… くぅっ! うぅぅ…」



_____________________________________________




「ふー、いいお湯だったわね」
「………」

 結局、あの後更にもう一度噴水をしてから、二人で湯船に浸かったのだが、
 ルナサの方は心を落ち着けるのに精一杯で、お湯を楽しむどころでは無かった。

「さーて次は…」
 霊夢がそう言いながらルナサを見る。
 ルナサはその言葉にびくんと反応し、怯えた子猫の目で霊夢を見ている。
 その態度の普段とのギャップを楽しみながら、霊夢は次の命令を考えた。

「そうね…オナニーショーでもしてもらおうかしら」
「っ!!」
 ルナサの顔が真っ赤になり、その目には既に涙が滲んでいる。

 なかなか始まらないので、霊夢は更に攻撃を加える。
「嫌なの? じゃあお外へ…」
「いっ、嫌ぁ! それだけは嫌ぁ!!!」
 ルナサの目にはっきりと恐怖が浮かぶ。
 霊夢はトラウマを作ってしまったことを反省しつつも、その傷口をくすぐるのをやめられない。
「それじゃあ、ね…?」
 ルナサの右手を取り、足の付け根へと導く。

 もぞもぞと、ルナサの手が動き出した。
「足を広げて。よ~く見えるようにね」
 ふるふると震えつつ脚を広げるルナサ。
 恥ずかしい部分を弄る様子が、霊夢に丸見えになる。

「ん…」
 左手が胸の、右手が股間の、敏感な突起を刺激する。
「んふっ、ふぅん…」
 オナニーの経験が無い訳では無いので、自分の感じる所は心得ている。
「んぁぁ… くっ、はぁ…」
 霊夢に、舐めるように見られている中、それでも身体はどんどん昂ぶっていく。
「は…ぁ…あん… あぁっ!!」
 ぴくんぴくん。出来る限り声を殺しつつ、ルナサは達するまで自分を慰めた。

「ーーーーーっ」
 あまりの恥ずかしさに、ルナサはそっぽを向いてしまう。

「あら、誰も手を止めていいなんて言ってないわよ?」
 そんなルナサに突き立てられる、霊夢の非情な追い討ち。
「も…もう…」
「嫌なら…」
 その先を聞かず、ルナサが行為を再開する。

「あ…あ…んっ…」
 一度達した事でより敏感になった体が、自身の指に反応する。
「ふぁっ…いっ…!」
 指の動きが激しくなる。
「んっ、んーーっ! んあぁぁぁ!!」
 また、達した。

「はっ、はぁ、はぁ…」
「ほらほら、また手が止まってる」
 荒い息をつくルナサを、休ませず責め立てる霊夢。
 更なる自慰を要求する。
「ひっ…ぁぁ…」


「うぁっ、はっ、あぁぁぁぁ!!!」
 何度達しても、休む事は許されず、
「もっ、もうっ、だめっ! あーーーっ!!」
 声を殺す余裕も無くなり、
「あーーーっ!! いぁーーーーーっ!!!」
 痺れる身体に鞭打って、望まぬ自慰を続ける。

「はっ! はっ! はぁっ!」
「止まったわよ」
「もっ、も、おっ、む、り…」
 息も絶え絶えに、限界を伝える。
 もう何度イったか分からなかった。

「まぁ仕方ないわね」
「はーっ、はーっ、はーっ!」
 これでやっと休める。ルナサがそう思った時。

「じゃあ、私が手伝ってあげるわ」
「!?」
 霊夢はルナサの背後に回ると、その手に自分の手を添え、
 ルナサがしていたのと同じように、ルナサの指を動かし始めた。
 ダウンしていた所を連続で絶頂に叩き付けられ、ルナサは悶絶する。
「あーーーーーーーっ!!! あーーーーーーーーーーーーーっ!!!」
 一人では為し得ない、自分の指による、自らを気絶に追い込むまでの愛撫が、ルナサを襲う。

「あああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」

 一際大きな絶叫を上げ、折れんばかりに背中を引きつらせて、ルナサは失神した。

「まだまだ…」
 既に意識が無いルナサに対して、霊夢は更なる自慰を強制する。
「!!?? あっ、ひ…!」
 ルナサの身体がびくりと跳ねる。


 しばらくの間、ルナサは覚醒と失神を繰り返した。


__________________________________________



 それから、どれくらい経ったのか。

「…ん…?」
 ルナサが目を覚ました。
 隣で霊夢が寝ているところを見ると、かなり眠っていたようだ。
 喉元過ぎればなんとやらか、妙に体もすっきりしている。

 服を着ようとすると、何時の間にか起きていた霊夢に制止される。
「24時間にはまだ早いわ」
 霊夢が手馴れた動きでルナサを引き寄せ絡みつく。

 さわ…すりすり…ちゅっ、ちゅっ…
「う…はぁ……」

 上手い…!

 痒い所に手が届くような、絶妙の愛撫。
 昨日はそれを感じる余裕も無かったが、改めて味わう霊夢の腕前は相当なものだ。
 ルナサはどんどん押し上げられるのを感じつつ、ある種の安心感を持って霊夢に身体を預ける。

「ふゃっ、いっ、いぃっ! んっ、んーーーーーーー!!」
 軽く達したルナサを霊夢が優しく押し倒す。
 ルナサは逆らわずに、背中から布団に倒れ込む。
 
 霊夢がどこからか巾着袋を取り出し、ルナサの目の前で軽く振る。
 じゃらじゃらと音がした。
 口を開けて逆さにすると、中からうずら卵大の、黒い球体がいくつか落ちてくる。
「魔法実験の副産物だって、魔理沙がくれたんだけどね」
 霊夢はその球体を一つ、唇で咥えると、ルナサの口へと押し込む。

 ぴちゃ…くちゅ…にゅる…

 球体を挟んで、お互いの舌を刺激し合う。
 二人の唾液でぬるぬるになった球体を吸い出すと、ルナサの秘唇へと顔を寄せた。
 入り口にあてがうと、歯と舌でもって埋め込む。
「は…うんっ!!」
 にゅるりと飲み込まれた球体を、舌を使ってなるたけ奥へと押しやる。

「合言葉に反応して、いろいろ変化するのよ、これ」
「合言葉…?」
「そう。例えば…」

 ごにょごにょ…。

 霊夢がルナサの耳元で囁く。
 途端、耳まで赤くなるルナサ。
「言ってみて」
「そ、そ、そそそんな事…」
「できないなら…」
 ルナサを下目使いで見つめつつ、顎をくいっと持ち上げる。
 選択の余地は無い。

「……ごにょごにょ……」
「大きな声で言わないと、反応しないわ」
 ルナサはぎゅっと目を閉じ、大声で『合言葉』を口にする。

「お…お○んこっ!!」

 ヴィィィィィィィィィン……
 『合言葉』に反応して、球体が振動を始める。
「ひっ!?」
 予想外の刺激と羞恥に、ルナサが動揺する。
 が、霊夢はそんな事などお構い無し、と言うか、予定通りだとばかりに、二個目を手に取る。
「次いくわよー」
 つぷん!
「くふっ…」
「ほら、合言葉合言葉」
「ぁぅ……おま○こぉ!!」
 ヴィィィィィイイイイイイン!
「あぁぁぁぁああぁあぁぁ……」
 二個目の球体も振動を始め、最初の球体の振動は更に強くなる。
「よくそんな恥ずかしい事、大声で言えるわねー」
「そ、そんな…あなたが言えって…」
「あら、口ごたえ?」
 霊夢が、ルナサの充血した秘芯をくりくりと転がす。
「ひっ、ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!」
 びくびく。たまらずルナサは登り詰めてしまった。

「次はこっちね」
 今度は後ろのすぼまりに球体をあてがう。
 昨日散々弄られたそこは、すんなりと球体を飲み込んでしまう。
「合言葉は?」
「お…おまん○ぉ」
 ヴイイイイイイイイイイイイイン!!
「んはぁぁぁぁぁぁぁ!」
「次ー」

 ルナサの顔の紅潮具合に比例して、体内の球体の数が増え、振動も強くなっていく。
 合計で秘壺に二個、尻穴に三個の球体を埋めた所で、霊夢は手を止めた。
「随分気持ち良さそうね…」
「ひぁぁぁぁぁっ、んあっ、あぅぁぁぁぁぁっ!」
「何が、どこで、どうなってるのか、私に説明して?」

 言わなければ、終わらない。

「く、黒くて…丸いのが…あぅっ! 私の…お○んこと…」
 ヴイイイイイイイイイイイ!!!!
「あぁぁぁぁぁぁぁ!!」
 『合言葉』に応じて振動を強める球体達。たまらずルナサは説明を止めてしまう。

「残念。もう一度最初からね」
 非情な宣告。
 これで終わらせなければ、無理かも知れない。
 力を振り絞って話し出す。
「黒くて丸いのが、私のおま○こと」
 ヴイィイィイィイィイィイ!!!!!
「っ!!! お…お尻の中で、ぶるぶる震えてるっーーーーーーー!!」

 びくっ! びくっ!
 言い終わると同時に、ルナサはイってしまった。

「よく出来ました。それじゃあ次の合言葉ね」
 ごにょごにょ…
 その言葉は、またもや普段なら恥ずかしくて到底言えないものだったが、今は構っていられない。

「ち○ぽぉ!!」
 ルナサが『合言葉』を叫ぶと、球体が振動を止めた。
「……え……?」
 だが、代わりに新たな変化が起こる。
「お…大きくなってる!?」
 うずら卵大だった球体がむくむくと膨らみ、鶏の卵ぐらいの大きさになった。

「それじゃあ」
 霊夢がルナサの脚を大きく広げる。
「卵を産んでもらおうかしら」
「そ…そんな事…できない…恥ずかしすぎるよぉ…」
 浣腸には耐えたルナサだが、どうやらこれは羞恥心にクリーンヒットしたらしい。
 紅に染まった顔に涙を流し、いやいやとかぶりを振る。

「早くしないと、どんどん膨らませるわよ?
 お腹が破裂しないうちに産んだ方がいいんじゃない?
 それとも、妹達に代わってもらう?
 それよりも、お外でする方がいいかしら?」
 ルナサが決して拒否できない理由を、ずらずらと並べ立てる。
「…うっ、うっ……」
 ルナサは泣く泣く、産卵を開始した。


「ん~~~~~!」
 お腹に力を入れ、球体を押し出す。
 お尻の穴がむりむりと広がり、黒い球体が顔を出した。
「ん~~~~~っ! ん~~~~~!」
 産んでいる最中は、恥ずかしさを感じる余裕もない。
 精一杯力を込め、少しずつ球体を出していく。
 お尻の穴が一杯に広がり、やがて最も広い部分が通り過ぎると、球体が一気に出てぽとりと落ちた。
「はぁ、はぁ…」
「ふふふ、お尻の穴がヒクヒクしてるわ」
 霊夢はそう言うと、一仕事終えたばかりの穴を丁寧に舐める。
「いひゃぁぁぁぁ…」
 温かく、ぬるぬるした舌が気持ち良い。それが余計に恥ずかしかった。


 二つ目、今度は前の穴から出す。
 後ろの穴から物を出す事はたまには有るが、こちらの穴から物を出すのは初めてだ。
 産卵は難航した。
「う~~~~~ん、う~~~~~~~ん!」
 やっとの事で、半分近くまで球体が出てくる。

 つん。

 霊夢が球体を突っつく。
「んぃっ!?」
 予想外の刺激に、ルナサは思わず球体を引っ込めてしまう。
 もう一度やり直しだ。
 下腹部に力を入れる。秘穴が中から押し広げられ、球体が顔を出す。
 つん。霊夢が再び突っつき、球体が引っ込む。
「や、やめて…意地悪しないで…」
 ルナサが顔を更に紅く染めて訴える。
 霊夢もこれ以上邪魔をするのは止めにした。
 ぐっ、ぐっ…にゅぽん。
 無事、二つ目の球体が産み出される。
 ヒクつく膣穴を、霊夢はまた丁寧に舐めた。



「はー、はー、はー…」
 乱れた呼吸を整えるルナサ。
 その脚の間には、粘液にまみれた黒い球体が五個、転がっている。
 霊夢が指で、舌で、二つの穴を愛撫する。
 産卵で敏感になった括約筋が、ぴくぴくと反応する。

「面白かったから、もう一度」
 そう言って、霊夢が再び秘裂へ球体を押し当てる。

 ルナサががばっと起き上がった。
「やっ、やめてぇ、もうやめてぇ…これ以上されたら、恥ずかしすぎて気が狂っちゃうよぉ…」
 霊夢にすがりつき、泣きながら懇願する。
 事実、昨日からの羞恥責めの連続に、ルナサの精神はかなり限界に近づいていた。


 霊夢も、流石にこれ以上苛めるのは可哀想になった。
 …とは言え、まだ時間は残っている。
「仕方ないわねぇ。後は私が相手してあげるわ」



 残りの時間、ルナサは霊夢の強烈な責めに泣き狂い、何度も失神させられた。
 それでも、寝ていた時を除けば、この24時間で最も幸せな時間だったかもしれない。


__________________________________________



「…ただいま…」
「あら、おかえり」
「おかえりー」

 ルナサはふらふらになって、自分達の控え室に戻って来た。
 力無くベッドに腰掛ける。

「疲れた…」
 心身共に疲労困憊。
 そんなルナサに、妹達が声をかける。

「おま○こー」
「ち○ぽー」

 ぼん!

 ルナサの顔が一気に真っ赤になる。

「な、ななななななな…」

 何で?

「あれだけ大きな声で叫んでたらねぇ。外に丸聞こえよ」
 半分笑い、半分呆れたようにメルランが言う。
「まぁまぁ、そのうち良い事あるって」
 リリカがフォローかどうか微妙な台詞を吐く。


「はぅ…………」


 ぱたり。
 ルナサは魂が抜けたように、ベッドに倒れこんだ。








 おしまい


________________________________________



 あとがき

 ここまで読んでくれた人、さんきゅーべらまっちゃ。
 本文読まずにあとがきだけ読んでる人、いらっしゃいませPiaマヨヒガへようこそ!

 24時間使い切って無かったので続きをば。
 タイトルは前半と対にしただけで深い意味はありません。(って、タイトルの意味ないじゃん!)
 無口な娘に羞恥プレイ。ただあまりルナサっぽさが表現できてない気がします。
 まぁ裸になれば村娘も皇女も変わらないと言いますし…(言い訳にもならない言い訳)

 もうしばらくすると単位ハンティングをしなければならないのであまり書けなくなりますが、
 まぁ読んでくれてる人がいる限り今年もぼちぼち書いていこうかと思います。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-02-18 (月) 04:48:29 (1326d)