注意 お子様は読んではいけません。ふたなりとかその他もろもろ駄目な人は避けてください。


















 潅木の枝に積もった雪を一握り、空へ向けて放り投げる。
 ぱらぱらと、雪が舞い落ちる。
 上を見上げれば、空は青く高く。
 野を見下ろせば、どこもかしこも桜色。

「…ふぅ」

 長く、長く、長かった冬は突如終わりを告げた。
 彼女…レティ・ホワイトロックはチルノに別れを告げ、
 狂い咲く桜から逃げるように、幻想郷の端っこにあるこの山まで飛んできていた。

 奇妙な光景だった。
 目と花の先は、満開の春。それなのに、大して高くもないこの山はまだ冬のままだった。
 きっと、春が均等に行き渡っていないのだ。
 そのうち、溢れた春がこの場所に収まり、元通りの季節がやってくるのだろう。


 また一掴み、雪を放り投げる。
 澄んだ青空からは、もう本当の雪は降って来ない。
 ぱらぱらと、かりそめの雪が降る。

 レティはその中に、雪ではない白を見つけた。











『ある冬の終わり』 †










 その白はぐんぐん大きくなると、レティの前に降り立った。

「…レティさん」

 やって来たのは春を告げる妖精、リリーホワイト。
 彼女らしからぬ重い調子で話し出す。

「レティさんに…消えてもらいに来ました」
「! …私は放っておいても、そのうち消えるわよ?」
「…本当は、私も、レティさんも、こんな時期に居ちゃいけないんです。
 私も早く役目を終わらせて、消えようと思ってます。
 でも…レティさんが居ると、この場所に春が伝わらないんです!」

 レティ・ホワイトロックは冬の妖怪。冬があるからレティが居る。
 だが、レティが居る故に、レティの力が回りを冬にしているのも事実だった。
 もっとも、普段通りに季節が移り変わっていれば、そんな事は大して問題にはならない。
 レティは春の訪れと共に徐々に力を失い、ついには体を維持できなくなり、消えて行くからだ。
 だが、つい昨日まで真冬だったために、レティは力を残しすぎているのだ。これでは消えられない。

「それで、私を消そうって言うの?」
「はい…」
「…嫌だ、って言ったら?」

 リリーが少し俯く。

「…ごめんなさい、力ずくででも!」

 がばっ!
「きゃっ!」
 どさっ!
 リリーがレティを押し倒し、二人もつれあって地面に倒れる。

「ちょっと、嫌、離して!」
 暴れるレティの両腕を、リリーが掴んで押さえる。
 レティがまだ力を残しているとは言え、溢れ返らんばかりの春の力を得たリリーには適わない。
 抗議するレティの口を、唇で塞ぐ。


 ふぅっ…


「!? ぷぁっ、ごほっ! ごほっ! ぅ…ごほっ!!」
 レティが咳き込む。
 リリーが息と一緒に、『春』を吹き込んだのだ。
 春はレティとは相容れないもの。体が拒絶反応を示す。胸が焼けるように熱い。

「はーー、はーー…」
 涙がレティの頬を伝う。

「ごめんなさい…」
 リリーがそっとその涙を拭った。

「せめて、気持ち良くしてあげます…」




_________________________________________________





「きれい…」
「ぅぅ…」

 服を脱がせると、雪の上に、雪に負けじと白いレティの肌が現れた。
 その豊かな二つの膨らみに、そっと手を伸ばす。

 ふに…

「うわぁ…おっきくて…柔らかい…」
「っ…」

 さわさわ。なでなで。ふにふに。
 馬乗りになったリリーが、両手でレティの胸を弄ぶ。
 レティは先ほどの春の吐息で、抵抗する気が失せてしまっていた。
 頬を真っ赤に染めながら、愛撫を受け入れる。

 くりくり…
「あ…う…んっ…」
 リリーの指がピンクの頂を責め始め、レティはそれに反応して声を漏らす。
 指で摘まみ、くいくいと引っ張る。
「いっ…ぅ…」
 指の腹で押し潰す。
「んーーっ!」
「あ」
「?」

 リリーは何かを思いついたようにひと声あげると、おもむろにレティの乳首を口に含んだ。
 そしてふうっ…と春を吹きかける。

「ひぃっ!!」
 効果はてきめんだった。
 左胸に電気を流されたような衝撃に、レティの体が跳ねる。
 ぺろぺろ…くちゅくちゅ…
「あぁっ! そっ、それ以上触らないでぇ!」
 敏感になった左胸がリリーの舌の動きを鋭く感じ取り、強い快感をもたらす。

「ふーーーーっ」
「くぅっ…」
 リリーは脇から脇腹へ、そしてお腹へと春の吐息を吹きかけていく。
 春に触れた所がじんじんと痺れたようになり、レティに残された力が抜けていく。
 その後を指でつーっとなぞると、レティは悩ましげな声を出した。
「はぁぁぁぁぁ…」
 もう一度なぞってみる。
「くぅぅぅぅ…」
 もう一度。
「んっ…はぁぁ…」


「レティさん…脱がせますよ」
 リリーがレティのスカートに手をかけた。
「……」
 レティは黙って頷いた。どの道、抗う術は無いのだ。


 少し下げたところで、リリーは、既にレティの下の雪が溶けてしまっている事に気づいた。
 リリーは自らの服を脱ぐと、レティの下に敷いてやった。
 青空の下、裸の少女が二人。
 それを見ている者は、誰も居ない。



「こんなに…濡れてる」
 露になったレティのそこからは、既に蜜が溢れていた。
 リリーは割れ目に指をあてがうと、そろそろと動かした。
「はぁっ、う…くぅ…ん」
 レティの中から更なる蜜が湧き出し、リリーの指に絡みつく。

 リリーはレティのお尻を上に向けさせると、その秘密の花園を指で押し広げた。
「わぁ…凄く…綺麗な桜色…」
「嫌ぁっ…!!」
 レティが真っ赤な顔をそむける。
 リリーはレティの下の口に口付けた。
「いっ、いやぁ、やめて…」
 何をされるかが分かったレティが懸命に抗議する。
 リリーはそれを聞く前に、ふぅっと春を吹き込んだ。
「ああーーーーーーーっ!!」
 レティの腰が跳ねた。
 刺激を受けて、膣壁からは愛液がこんこんと湧き出す。
 リリーはそれをじゅるじゅると飲み干すと、再び春を吹き込む。
 レティがまた跳ねた。

「レティさん、気持ちいいですか?」
「あっ、はぁ、はぁ…」
 レティの息は荒く、まともな返事は返ってこなかったが、感じていることは聞かなくても分かっていた。
「それじゃあ、こっちも…」
 リリーはそう言って、レティの最も敏感な突起を剥き出しにする。
「いっ?」
「ふーー」
「!!??」


 瞬間、レティは意識を手放した。



___________________________________________________




「…?」
 レティは、目を覚ました事にとりあえず驚いた。
 てっきり次の冬が来たのかと思ったが、目に入った状況は先刻のままだった。

「レティさん、ひどいです。私におしっこかけるなんて…」

 ぼん!
 レティの顔が一瞬で真っ赤になる。
 つまりは、気絶したと同時に…そういう事なのだろう。
「あっ、あ、あの、その…」
 言葉が見つからず困惑するレティ。

 一方のリリーも困っていた。
 春をぶつけて力を削り取り、これで消えてくれると思っていたレティが、目を覚ましてしまったからだ。
 思いの外、レティに力が残っていたらしい。
 できるだけレティがつらくない様に気を使ってきたリリーだったが、これ以上時間をかける訳にもいかなかった。
 一刻も早く、幻想郷中に春を伝える事。それが彼女の使命であり、存在理由だからだ。

 リリーは意を決すると、力を集中しだす。
 手の中に、桜色のもやのような物が現れ、どんどん濃くなっていく。
 彼女が持つ、『春』のエネルギーを集めたそれは、ついに実体をなし、一本の棒状になった。
 それを股間に取り付けると、レティの方に向き直る。

 わざわざそんな所に取り付けた理由は、聞くまでもなかった。
「い…いやぁ…」
 恐怖を感じたレティがふるふると首を振り、後ずさる。
「レティさん、ごめんなさい…」
 リリーはレティを捕まえると、『春』でできたそれを、レティの入り口にあてがう。
 レティにはそれが焼けつくように熱く、その周りがじんじんと痺れ出した。
(こ、こんなの、入れられたら、私…)
「行きますよ!」

 ずぷぅっ!!

「あーーーーーーーーーーっ!!!!」
 レティの絶叫が木霊した。
 構わずリリーが動き出す。
 ぐちゅっ、ぐちゅっ、ずちゅっ、ぶちゅっ!
「あをっ! お、おぅっ! あぎっ!! いひゃぁぁーーー!!!」
 春の塊が、レティの中を容赦無く掻き回す。
 擦れた所から、滅茶苦茶な快感が爆発し、レティが喘ぎ、悶える。
 ずりゅっ! ちゅぐっ! ごりゅっ! ぐりゅっ!!
「あーっ!! うぁっ!! いっ!! ひぃーーっ!! あぁーーっ!!」
 頭が焼けそうになり、言葉を紡ぐ事もできず、ただ泣き叫ぶレティ。
 一突きされる度に、頭の中が真っ白になる。

 どくん!!

 突然、レティの中で何かが弾けた。
 リリーが、春をレティの奥底へ向けて放ったのだ。
「あ゛、あ゛、あ゛、あ゛、あ゛、あ゛、あ゛、あ゛」
 レティが、リリーの腕の中で、がくん、がくんと大きく跳ねる。
 その目は大きく見開かれ、背中は限界まで仰け反っている。

 びゅーっ、びゅーっ、びゅーっ!

 リリーはありったけの春を、粘液状にして、レティの中に放出していく。
 身体が中心から融けていくような感覚を覚えながら、レティは意識を失った。



___________________________________________________





 腕の中には、もう、誰もいない。
 周りの気温がぐんぐん上がって行く。
 辺りに残っていた雪が、みるみる溶けて消えて行く。

 リリーはうつ伏せに倒れた。
 身体に力が入らない。
 この地にも春が訪れ、彼女の役目は今まさに、終わろうとしているのだ。
 純白の翼が、イカロスの羽根のようにぼろぼろと崩れ落ちて行く。
 ありったけの力を出し切ったおかげで、消えるのに困る事はなさそうだった。


「…レティさん」



 ごぅっ…

 幻想郷で、最も遅い春一番が吹いた。




(ごめんなさい…)





 風が過ぎた後には誰も居らず。
 ただ、草木が、虫が、遅すぎる春を謳歌していた。






 おしまい


______________________________________________________


 あとがき

 最後まで読んでくれた人、後味の悪い話でごめんなさい。
 本文読まずにあとがきだけ読んでる人、えいやっしょー? 知りません(早くDLさせてー)

 と言う訳でリリー×レティです。妖々夢のEDごろの話です。
 桜の咲く頃に合わせたかったんですが、うまく時間を調整できませんでした…
 でも妖々夢は五月だから、時期的にはまだ早すぎ?なんですよね。

 リリーがキャラ違うかもしれません。ごめんなさい。
 それと言うのも全てカリスマが悪いのですよ。季節を狂わせたりするから(責任転嫁)
 あとレティの乳のイメージを与えてくれたやむっ氏に感謝(笑)

 んではまた、しーゆーあげーん!


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-07 (日) 04:56:13 (1795d)